ひとづくりのまち井原

稲倉の自然

担当【橋本 希】

課題設定

  • 稲木川について知っていることを共有する。
  • 学校図書館にある資料や地図等を使い、地形や生態系などを知る。
  • 実際に稲木川周辺を散策し、今後の課題を見つける。

情報収集

  • 実際に稲木川に住む魚(生態系)を調べるための方法をインターネットで調べる
  • 自作の罠を作って生き物を捕る
  • 魚博士の田賀さんから話を聞く。
  • SDGsについて調べ、自分たちにできる取り組みを考える。

整理・分析

  • 今までの情報を整理し、自分たちにできることと、できないことがあることに気づく。
  • どんな稲木川、稲倉地区にしていきたいかを話し合う。
  • 自分たちの考えをどのように他者に伝えるとよいかを考える。

まとめ・表現

  • 自分たちの考えを模造紙やポスターにまとめる。
  • まとめたことを下級生に発表する。
  • ポスターを稲木川下流の小学校へ配布する。
成果

ふるさと稲倉について考え、実際現地に足を運ぶことで、自分たちの知りたいことを探求するために、子供同士で自発的に話し合う姿が多く見られた。

課題

昔の稲木川を知る地域の方に話を聞くことで、地域の方への思いについて触れられるとよかった。

来年度に向けて

魚博士の田賀さんの来校時期を検討する。