ひとづくりのまち井原

県主地域のお宝発見

担当【田中 結香】

課題設定

  • 学区探検をきっかけに県主地域に残る史跡や施設、行事、それを支える地域の人などについて関心をもつ。
  • 中間発表をもとに他者に伝えたい県主のお宝を整理し、伝える方法を考える。

情報収集

  • タブレットや本で調べたり、地域の人に話を聞いたりすることで自分の感じたお宝を集める。
  • いろいろな視点から伝えたいお宝を検討する。

整理・分析

  • 他者に伝えたい情報を整理し、伝える方法を考える。
  • 紙芝居・本・模造紙

まとめ・表現

  • 中間報告会を開き、集めた情報を共有する。
  • 地域の方や保護者にお宝を紹介する。
  • これまでの学習を振り返り、今後の課題をもつ。
成果

地域の方や先生方に手紙などで尋ねることで自分たちの暮らす県主の良さに気付くことができた。

課題

情報収集の場面で,実際に見学や行事への参加ができるとよかった。

来年度に向けて

総合的な学習とはどのような学習なのかを,生活科との繋がりを意識して導入を行う。