ひとづくりのまち井原

明治ごんぼうのひみつをさぐろう

担当【上田 晃大】

課題設定

  • 芳井の自慢を話し合う中で、社会科で学んだ「明治ごんぼう」について想起し、関心をもつことができるようにする。
  • 「明治ごんぼう」が取り上げられているテレビ番組のWEBを見て、ふるさと芳井の特産物に興味をもち、学習課題を立てる。

情報収集

  • ごんぼう畑を尋ね、生産者の話を聞く。
  • ごんぼう掘りを通して、興味を高める。

整理・分析

  • 明治ごんぼうと他のごぼうを比べて、興味や疑問を高める。
  • ごぼうの食べ比べをすることで、明治ごんぼうの良さや特長に気付き、興味を高める。
  • 学習してきたことをまとめたり、ごんぼうの良さをPRする方法を考えたりすることで、ごんぼうの良さを発信するための整理を行う。

まとめ・表現

  • ポスター、新聞、お知らせくんなどの方法を用いて、明治ごんぼうの良さを発信していく。
  • 家族や地域の方に向けてPRし、少しでも多くの方に興味を持ってもらうことで、学習への達成感を味わった。
成果

地域の方に協力していただきながら、地元の特産物「明治ごんぼう」のすばらしさを知ると共に、良さを発信することができた。

課題

3年生の総合的な学習として調べ方や整理の仕方などを段階を踏んで指導する必要があり、充実しながらも準備に大変さが残った。

来年度に向けて

タブレットの導入に伴い、ローマ字入力や、タブレットの操作に慣れておくことが必要だと感じた。児童が学んだことをJam boardにためておいた事柄が、学習の振り返りに役立った。