ひとづくりのまち井原

 井原小学校・6年

今に伝わる日本文化

担当【石野 哲郎】

課題設定

  • 社会科と関連付けて、現在まで伝わってきている日本文化はどんなものがあるかを調べる。

情報収集

  • まほろば館に見学に行き、井原市の昔の様子を知る。
  • ネット検索や本を使用して、日本文化とはどんなものがあるかの情報収集をする。

整理・分析

  • まほろば館で、「渋沢栄一展」が開催されており、その知見も深める琴ができた。
  • 調べたことを時代ごとにメモして、日本文化の多様性を実感し、その中から自分が発表できるものを決定していった。
  • 他の児童の発表をGoogleフォームで評価しながら聞いた。

まとめ・表現

  • 自分が決めたテーマをスライドにまとめた。
  • Googleスライドで自分が発表するテーマについて7枚以内にまとめる。
  • クラスの前で発表し、相互に評価し合う。
成果

情報の収集方法を学ぶことができた。また、その中から自分の伝えたいことをピックアップしてプレゼンすることで発表するスキルも身に付けることができた。

課題

プレゼンスキルとしてはまだまだ、相手意識が足らずにスライドに文字がたくさんありすぎる資料が多かった。

来年度に向けて

もっと地元のことから導入して、ふるさとと日本をつなげる必要があった。