ひとづくりのまち井原

井原魅力発見隊︕

担当【原田 博行】

課題設定

  • 井原市の過去20年間の人口の変化と今後の変化の予想の資料を見る。
  • 井原市の人口はこの20年間で約8000人減少しており、今後も減少し続けることを理解し、このままでは良くないと問題意識をもつ。
  • 井原市の人口を減らさないためにも井原市の魅力を理解し、発信していくという課題を設定する。

情報収集

  • タブレットを使って井原にはどんな名所・旧跡があるのかを調べ、メモにまとめていった。
  • 美星天文台などを実際に訪れ、体験などを通して井原の魅力的な人・場所・物について理解した。

整理・分析

  • 自分の知っている井原の名所をカードにしてまとめていった。
  • 取材を元にして実際に訪れた井原の名所をカードにまとめていく。

まとめ・表現

  • 名所のカードを井原の地図と分かる範囲で対応させていく。
  • まとめとして井原をPRするポスターを作成する。
  • 分名所のカードをまとめたものをブックレットにし、お互いに発表し合う。
成果

井原市内の名所や他の地域に誇れるものがたくさんあることが理解できた。また,今後の井原を担っていく人材にならないといけないことへの自覚が芽生えたように見えた。

課題

井原市の良いところに関して,もう少し実際に見たり聞いたりできる機会があればより学習が深まったと思う。

来年度に向けて

①1学期のうちに市内他校とオンラインで学区の特色を紹介し合って井原の他地域について理解を深め、2学期の井原魅力発見隊に繋げられると良いのではないか。
②近隣の他の小学校と協力して魅力を交流する場を作ることで発表の場を確保してはどうか。また、比較することで井原に対しての理解も深まると思う。