ひとづくりのまち井原

幼稚園の子どもたちと交流しよう

担当【小林 千紘】

課題設定

  • 大江幼稚園のことについて知っていることを出し合う。
  • 1回目の交流について課題を設定する。
  • 1回目の交流の結果をもとに、2回目の交流の課題を設定する。

情報収集

  • 幼稚園の先生からお話を聞く。
  • 1回目の交流の計画について、助言してもらう。
  • 2回目の交流の計画について、助言してもらう。

整理・分析

  • 1回目の交流の計画を立てる。
  • 1回目の交流の振り返りをする。
  • 2回目の交流の計画を立てる。
  • 2回目の交流の振り返りをする。

まとめ・表現

  • 1回目の交流を行う。
  • 1回目の交流のまとめをする。
  • 2回目の交流を行う。
  • 交流のまとめをし、幼稚園の先生から感想を聞く。
成果

各学期1回ずつ、計3回の交流を実施した。1・2学期は幼稚園のオーダーに応える形であったが、3学期は1・2学期の経験を生かして子どもたち主体で活動計画を立て、園児を小学校に招待して活動を行うことができた。

課題

コロナの影響で何度も延期し、やっと実施ができた。感染予防の観点から活動内容も制限され、子どもたちのアイディアが実現できないこともあり残念である。5年生は「ひとと関わる」のがテーマであるが、高齢者との関わり等も中止となり、人との関わりが持ちにくい状況が続いているのが課題である。

来年度に向けて

今年度のように、最低3回は交流ができると積み重ねができ、子どもたちの成長につながると思う。